各種共済

☆小規模企業共済

☆火災共済・中小企業共済

小規模企業共済は退職金の積み立てが所得控除となる有利な制度

神奈川県火災共済・神奈川県中小企業共済

この制度は、小規模企業者が廃業や引退に備え、掛金を積み立てる「退職金制度」です。
 掛金は全額その年の所得金額から控除することができ、廃業等により受け取る共済金は退職所得や公的年金扱いの雑所得となります。
 また、節税メリットが少ない場合でも、早くから加入することで十分な老後の資金を確保することができます。(掛金は月額1,000〜7万円まで)

神奈川県経営者福祉振興財団

 神奈川県火災共済  低廉で、内容充実な火災保険
 神奈川県中小企業共済  人身事故の安心を自動車事故見舞金共済

中小企業基盤整備機構

積極的に検査を受け、病気の早期発見に務めると共に生活習慣や食事等の見直しもしましょう。 (毎年11月頃実施、9〜10月ご案内)

今回、全国の青色申告会の運動により制度改正が実現し、配偶者・後継者専従者についても
今から老後の準備を始められるようになりました。(2011年1月1日以降)

いざという時に備えてガン保険

☆県民共済

    ・経営に携わっていることの証として、対価の支払が行われていること
    ・一定規模以上の投資や事業廃止などの重要な経営決定に関し、その共同経営者の同意が
     必要とされていること
    ・事業資金の借入について連帯債務を負っていること
      △共同経営者の掛金も、現行の加入者と同様に月額7万円を限度とする。  
      △共同経営者の共済請求事由も、個人事業者と同様に「廃業」及び「老齢(65歳)」とする。

  所得補償共済
お問い合わせは201−2727

☆Aflacアフラック

☆経営者福祉振興財団

労働保険とは労災保険と雇用保険をいいます。労働者を一人でも雇っていれば適用事業となり加入することが義務づけられます。

加入の手続きは(1)事業主の方が安定所、監督署に手続きする方法と、
(2)労働保険事務組合に事務を委託し、事務処理を代行してもらう方法があります。

当青色申告会では、事務組合の認可を受けていますので事業主に代わって事務手続きを行います。委託しますと費用はかかりますが、事業主や家事従事者の特別加入(労災保険)や労働保険料の分割納付(年3回)などの利点があります。

ぜひ、労働保険事務組合をご利用されますことをおすすめいたします。

☆労働保険の事務取扱ついて

☆健康診断を病院で実施

☆全青色傷害

戻る
HOME

aflac アフラック

事務局までお問い合わせください。

何時でも引き出し可能な積立と大きな保障(グリーン共済)

神奈川県民共済

少ない掛金で、大きな保障が受けられます。
0歳から75歳までの方が加入できるいろいろなコースが用意されています。